生涯の伴侶の不適切な恋の調査

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵にお願いする時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって協議します。
1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査が長期になれば調査費用が高額になるでしょう。
興信所などによって、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。離婚ということになってもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉める元なので、避けたいところです。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。
探偵による調査は高額ですから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、変に思われず相手を見張り続けるというのは簡単じゃありません。
勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。
相手の行動を見逃さないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。
ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅場と化すシーンは、ドラマのシナリオでもお馴染です。妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害・殺人まで起きるというストーリーもよく使われます。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも選択肢の一つです。
別れる決心がついている場合は、実行する余地はあるかもしれません。本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。
浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型の機材を使い全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ