ワキ脱毛の世界

ミュゼプラチナムでは売れ筋ランキングトップクラスの脱毛プランは「両ワキ」と「Vライン」がセットになったコースです。期間も回数も無制限で支払いは最初だけで追加料金は1円もかからないそうです。加えて金額はほんの100円で、「両ワキ」だけだと3
600円です。割引のあるweb予約をしても2
600円と金額の差はどっちがいいかなんて考える必要もありません。そうしたら実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどちらで「両ワキ+Vライン」の脱毛を施術してもらうのか。金額だけ見れば確かにミュゼプラチナムに即決したいと思いがちですが、もっと詳しい情報も調べたいと思いました。そんな時に参考にしたのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。エピレの初心者用のコースはファーストプランという呼称で、1人が生涯で1回しか使えないレアなプランです。確か全5種類のプランだったと思いますが、それを見ていると両ワキ以外のパーツの脱毛にも興味が傾いていきそうなほど素敵で、決心がブレてしまいそうです。この年になって初めてムダ毛処理をプロの方にお願いすることを心に決めた私は、まずはワキ脱毛から始めてみようと思いました。ワキ脱毛で評判のいい脱毛サロンをチェックしていると、どこのサイトやブログでも紹介されているある会社がありました。日本国内で群を抜いて数の多い店舗があって、通っている人も断トツのミュゼプラチナムです。最初の方針とは若干違いますが、これも下調べをまじめにやった収穫だと前向きに解釈します。どの道いずれ受けるんだったら、オトクなプランが利用することができる今同時にやっておくべきだと判断するのは逆に当たり前のことです。でも初めてサロンでムダ毛処理をしてもらう私はこの事実によって別の問題にぶつかります。Vラインを脱毛してもらう事を想像すると真面目にとんでもなく恥ずかしいです。でも実際Vラインもワキと等しく自己処理が欠かせません。下着や水着から顔をのぞかせそうな状況はなんとかしたいとも思います。何を見ても両脇脱毛ならミュゼプラチナムを紹介していますが、ユーザーを取り合っている脱毛サロンはないのかということも知りたくなります。ミュゼプラチナム以外でワキ脱毛がおすすめなのは、エステティックTBC傘下のエピレがあるという発見をしました。エピレとミュゼプラチナムを並べて見ていくと運営しているお店も少数で、素直に話すと知らない人はいないような脱毛サロンと言えるほどメジャーではないかもしれません。とはいうもののエピレでは、私のような脱毛初心者がとっつきやすい専用の体験コース的なプランが用意されていて、とっても好印象です。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」の2つのプランが用意されていますが、どっちも金額設定は同じです。こんな実態を目の当たりにしてしまうと、「両ワキ」しか見ないことに一途に思い込んでいたのが無益だったとさえ思えてきます。しかしながら今回はどうあってもワキ脱毛を最優先に考えての脱毛サロン選びです。安定感を失いつつある当初の意思をグイッと引き寄せ細部に至るまでの綿密な調査を進めていきます。ワキ脱毛のプランを各社で比較していくうちに、思ってもみなかった事に出くわしてしまいました。それは、「ワキ脱毛だけするのは損」ということです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ